【事例】神奈川県庁前(リプラfフラワータワー)

第 33 回 全国都市緑化よこはまフェアに向け、神奈川県庁前にフラワータワーを施工いたしました!!

「キングの塔」と呼ばれ、国の登録重要文化財である神奈川県庁庁舎(横浜市中区日本大通 1)。
その前の植栽帯に、かながわの人達の「進取の心意気」を示す情熱の赤を基調としたデザインのフラワータワーを第 33 回 全国都市緑化よこはまフェア期間中(3/25~6/4)に設置いたしました。

■特徴

  1. 植物を自在に植えられるので、施工後すぐボリュームがあり、見た目が綺麗
  2. 優良な発泡再生プラスチックの加工品なので軽くて丈夫で、腐らず、長持ち
  3. 根が広い範囲にはれ、根が下向きの為、植物が枯れにくくメンテコストが安い
  4. 根張りが良いので、生育が旺盛で、植栽後もボリュームがでる

■施工手順

  1. 円形立体花壇枠 製作

  1. 基礎底板との接続&補強

  1. 基礎底板の裏側角材補強

  1. 円形立体花壇6基を県庁前に
    荷降ろし

  1. 円形立体花壇を門の両側に
    各3基設置

  1. 基礎底板四方にアングル杭を
    打ち込み

  1. 基礎底板をリプラ板でつなぐ

  1. 網の中に水苔を入れる

  1. タワー上部にも水苔を入れる

  1. 網を切り込み植栽

  1. デザイン性を重視して植栽